汗が止まらない体質から汗をかきにくい体質へ

汗が止まらないという人のために汗を止める方法をお伝えしたかったのですが、
物理的に難しいと思ったので汗をかきにくい体質を作る方法をお伝えします。

あなたもどこかで聞いたことがあるかと思いますが、
汗そのものにはニオイがありません。

ワキガだからといって、必ずしも大量の汗をかいているわけではないんですね。

でも、ワキガ体質になってしまうと汗をかくことに対して敏感に反応してしまいます。

できることなら汗を止めたい!と悩んでいる人も多いはず。

しかし、汗を止めるのは考えるだけでも頭が混乱しそうなので、
汗をかきにくい体質を作ってみませんか。

 

 

精神的ストレスがニオイの原因を作っています!

運動をしているときの汗はニオイもなくてサラサラなのに、
緊張したときの汗にはニオイがあってベタベタしているのはナゼでしょう。

どうも肉体的ストレスよりも精神的ストレスのほうが
ワキガ臭と深く関わっているのようにおもいませんか。

肉体テキストすの場合、汗をかいてもサラサラしているのは汗の成分のうち水分が99%でできていて、
残りの1%に塩素や尿素、アンモニアが含まれています。

イメージしただけでもワキガの嫌なニオイは出てきそうもないですよね。

 

 

これが精神的ストレスが原因になっている場合、
嫌なニオイの元となるタンパク質や脂質などもいっしょに出てきます。

そして、汗としてでなければいけない水分が出てこなくて、
体に必要とされる水分がでてしまうことが起こります。

汗をかいているからニオイがするのではなくて、汗をかいている人の精神状態が不安定だから、
最終的にニオイとなって出てくるようです。

 

 

ストレスにさらされていることに気づくことが大切!

精神的ストレスがワキガ臭をキツくするとお伝えしました。

それならどうすればいいの?と、
疑問を持った人もいるはずですよね。

最初にやらなければいけないことは、
自分がストレスにさらされていることに気づくことです。

がんばり屋さんなのはいいことなのですが、
頑張り続けているといつの間にか体も心も疲弊してしまいます。

だから、自分はストレスにさらされているということに気づいて、
メンタルが弱くなっていることを認めてあげることが大切です。

自分のメンタルの弱さを認めてあげると、
意外と心が落ち着いて精神的ストレスによる汗をかきづらくなります。

ワキガ対策としてクリームを使うことはいいのですが、
根本的に改善したいのであれば自分のストレスをコントロールできるようになりましょう。

 

 

最も効果的なストレス解消法とは?

最も簡単なストレス解消法はストレスを感じないようにするということ。

それは、ストレスから逃げることです。

これが唯一のストレス解消法、というかストレス回避法です。

ストレスを受けないことなんてできるの?
と、最初は戸惑うかもしれませんが大丈夫。

どうすればいいのかというと「いい人」をやめる

いい人というのは周りから頼まれごとも多くて人気者になるのですが、
本当は周りに上手に使われていることが多いです。

あなたはどうですか?

私もいい人ぶっていたことがあったかもしれません。

だから、頼まれてもできないことは承諾しないようにしました。

だからといって、周りの人に嫌われることはありませんので安心してください。

自分が我慢をして生きていくのは、おもったよりもツライもの。

いい人をやめることで精神的ストレスが減って
ワキガ臭の改善につながるのであればやってみる価値があると思いませんか。

自分の好きなように生きるという選択も生きていくうえで重要なことですよ。