子供のワキガは第二次成長期に強くなるので親は要注意!

ワキガで悩んでいる大人は自分で判断できますし、デオドラントクリームなどを購入してワキガ対策できますが、子供の場合は自分で判断するのは難しいですし対策するのはもっと難しいです。

とくに小学生までは大丈夫だった子供が中学生、高校生になるにつれてワキガ臭がキツくなってくるということはよくあることです。

中高生の子どもたちは第二次成長期真っ只中なのでホルモンバランスが大幅に狂いだすことがあります。

それによって体に大きな変化が起きてしまい、ワキガのように体臭で悩むことが多くなります。

あなたのお子さんがワキガという深刻な問題で悩まないよう役に立つ情報をお伝えしていきますね。

 

第二次性徴期の子供の体には何が起こっているの?

思春期と言われている第二次成長期に子供がワキガで悩むことになると、せっかくの青春がツラい思い出に変わってしまいます。

日本人だけだと思いますがワキガがいじめの対象になることは十分考えられます。

あなたも子供の異変に気づいたらすぐ行動できるよう、ワキガの詳細や対策は知っておくべきです。

第二次成長期の子供がワキガになりやすい理由として挙げられるのは、「ホルモンバランスの乱れ」によるものです。

例えば、

・身長が伸びる
・脇毛が生える
・陰毛が生える
・声変わりする
・胸が大きくなる
・生理が始まる
・夢精する

というように第二次成長期に入った子供は大人の体へどんどん近づいていきます。

ホルモンは上記で紹介した体の変化に関わっています。

普通はホルモンバランスを保とうとするのですが、成長期に入った子供は体が変化するスピードに追いつけなくなって崩れてしまいます。

しかし、ホルモンバランスの乱れはすべての子供に起こることではないので、ワキガに悩むことなく大人になる人もいます。

 

思春期の子供がワキガで悩んでいたら大人ができること・・・・

第二次成長期でワキガに悩むことになった子供に対して親ができることをお伝えします。

とてもデリケートな問題なので、親から問い詰めるようなことはできないですよね。

それでも、子供はワキガの自覚症状があって悩んでいるんですよね。

なので話しやすい環境を作ってみると子供からの相談があるかもしれません。

そこで、相談されたときの注意点として以下のことを守ってください。

・男の子ならお父さんが相談にのる
・女の子ならお母さんが相談にのる

やっぱり同性のほうが悩みを打ち明けられやすいので、その時は全力で聞きましょう。

 

親が子供のためにできること

ワキガについて真剣に悩んでいる子供が親であるあなたに悩みを打ち明けました。

そんなときどのような返事うあ対処をされますか?

子供の悩みがワキガだった場合、親の多くは病院へ連れて行こうとします。

 

ちょっと待った!

 

病院へ連れて行くことは多くの親がやりがちなミスです。

まず、やることといえばネットを使って調べてみる。

今はいつでもどこでもネットで調べてみるとすぐに答えが出てきます。

その中でおすすめの方法というのが、

市販では扱っていないワキガ対策アイテムを試すことです。

親から見れば医者の判断は絶対に必要だと思いますが、子供としては誰にも見られたくないのが本音です。

もしも、病院へ行って知り合いに会って「今日はどうしたの?」なんて聞かれたときに、うっかり口を滑らせてしまい「今日は息子のワキガを診てもらおうと・・・・」

そんなことを言った日には、親子の縁が消えるほど嫌われると思いますし、過ぎた時間は元に戻りません。

大人のワキガよりも子供のワキガのほうがデリケートなんですね。

 

ワキガで悩んでいるならノアンデをおすすめ!

 

子供がワキガで悩んでいるなら病院へ連れて行くよりも、ノアンデがおすすめです。

ドラッグストアであまり知られていないデオドラントを買うよりも、ノアンデがおすすめです。

念のためパッチテストを受けてから使っていただきたいですが、思春期の子供でも使っていいのか調べてみました。

結果は、まったく問題なく使っていいということです。

まずは、親であるあなたがノアンデをチェックしてどんなものか見てみることをおすすめします。

 

⇒ ノアンデの詳細ページはこちらから