両親がワキガじゃないのになんで私だけ?と思っていますか

両親がワキガじゃないのに私だけワキガになることを不思議に思っているあなた。

もしかすると、どこかで「ワキガは遺伝する」ということを聞いたのかもしれませんね。

実際に両親がワキガではないのに子供がワキガになっているケースがあります。

逆に、両親がワキガであっても子供がワキガではないケースもあります。

これはどういったことなんでしょうね。

ワキガは遺伝するといわれているのに、
いったい何が起こっているのか調べてみました。

 

 

あなたがワキガなのは隔世遺伝が原因だった!

「隔世遺伝」という言葉を聞いたことがあるのでしょうか?

隔世遺伝というのは、隔(へだてる)という文字と、世(せだい)という文字が合わさった言葉です。

簡単に説明すると、世代を隔てて遺伝するという意味です。

これはどういうことかというと、あなたの両親を通り越して
祖父母の遺伝形質があなたに現れているということです。

それよりももっと前の世代からの遺伝要素があなたに現れているということです。

よく、おじいちゃんやおばあちゃんにそっくり!
といわれるお孫さんがいますが、典型的な隔世遺伝です。

ハゲや薄毛、バストの大きさも関係しています。

 

 

まず、ワキガは遺伝と認る!そして対策する!

否定的な考えは良い結果を生むことはありません。

隔世遺伝の可能性がたかいのですから、
ワキガという結果を認めることが大切です。

自分はワキガなんだと自覚しなければ改善することはできないからです。

あまり良くない遺伝を劣性遺伝なんて言われますが、
出て来る症状は家族だからことなのですからしっかり受け止めましょう。

ワキガになったことは誰のせいでもありません。

運が悪かったといったらそれまでですが、
対策があるのですから試みることが大切です。

対策をするときにノアンデを使ってみるのもいいかもしれません。

もしかすると、ちょっとした生活習慣を変えるだけで、
いつの間にか治ってしまったということもあるかもしれませんよ。

 

⇒ 食生活について改善したい方はこちら